釣りニュース


[ ホームページへ戻る ] [ トップページへ戻る ] [ ファイル倉庫 ]
店長が趣味で(実益兼ねてる!?)やっている釣りに関する お話をしていきます。

■□ 新 規 投 稿 □■
お名前 E-Mail
タイトル
ホームページ
記事
記事の色
アップロード
アップ可能拡張子 => .gif .jpg .jpeg .png
アップ可能ファイルサイズ => 20MB
投稿ID投稿PASS
編集キー   
※spam-bot対策を行っています!
投稿IDには「スズキ」の漢字表記を
投稿PASSには「シーバス」のアルファベット小文字表記を
入力してください。

[ 最新の情報に更新 ]  [ 前の10件<= [ 1 ] [ 2 ] [ 3 ] [ 4 ] [ 5 ] [ 6 ] [ 7 ] [ 8 ] [ 9 ] [ 10 ] [ 11 ] [ 12 ] [ 13 ] [ 14 ] =>次の10件 ] 
現在のUpFile総容量 現行=>5.3MB + 倉庫=>0byte (許容限界:6000MB
【No.129】 ◆裏パターンは必ずある 投稿者 TFC 投稿日時 13/11/24(日) 18:49


file0129.jpg
300×225 => 200×150 48KB
週末の荒川、数名のアングラー帰る干潮時。

ある疑問と妄想、そして戦略。

以前ランカークラスをバラした場所へ。
1投目からいきなりのメガトンバイト、為すすべもなく
走られるだけ走られてフックを伸ばされる。
残念・・・

日付が変わるまで粘ったがセイゴとこの時期不つりあいな60cm後半の1匹のみ。
少し掴みかけたんだけどなぁ。
[ 記事編集/削除 ]

【No.128】 ◆雨が降ったり止んだり 投稿者 TFC 投稿日時 13/10/01(火) 18:58


file0128.jpg
300×225 => 200×150 56KB
潮も見ずにふらっと荒川へ。
先行者がポツポツいらっしゃる。
いよいよシーズンなのかな。
型が見れればいい、そんな気軽な気持ちで岸際を流す。
生きた水の匂いがする潮の当たる場所でフッコが片手程ヒット。
その他の場所は駄目だった。
いい季節になって来たのかなぁ。
[ 記事編集/削除 ]

【No.127】 ◆ヒゲスズキは偉いのである 投稿者 TFC 投稿日時 13/06/02(日) 18:35


file0127.jpg
300×225 => 200×150 54KB
ヒゲスズキは偉いのである。

トップからクランクベイトまで追うので偉いのである。
河口から清流まで生息しているので偉いのである。
大きくなるなると70cmクラスになるので偉いのである。
GJFA記録が狙えるが、真剣に狙っている人が居ないかもしれないので偉いのである。
OFFシーズンが無く、真冬でも狙えるので偉いのである。
たいした苦労も無く釣れるので偉いのである。

とにかくヒゲスズキは偉いのである。
[ 記事編集/削除 ]

【No.126】 ◆性懲りもなく 投稿者 TFC 投稿日時 13/05/23(木) 19:43


file0126.jpg
300×225 => 200×150 49KB
柳の下に2匹目は居ない。
相変わらずノイジーには出ない、季節も良くなってきたのか同業者に良く会います(笑)
しかも深夜まで・・・
みなさんお好きですね。
トップに出ないのでミノーを入れてみたら入れ食い。
チューニングしたザ・ミノーよく釣れます。
80年代のプラグでも十分通用する事を忘れてはいけない。
[ 記事編集/削除 ]

【No.125】 ◆正体不明のモンスター??? 投稿者 TFC 投稿日時 13/05/10(金) 18:27


file0125.jpg
300×225 => 200×150 52KB
いつもの川原。
そいつは突然ペンシルにヒットした。
僅か15m先で水柱が上がり、ギラリと銀色の体高のある魚体を見せたかと思った瞬間下流に走って行った。
何も出来ずただロッドを持つだけ。
77のシーバスロッドが根元から曲がり、ラインが殆ど出て行き残るはバッキングラインのみ。
もう駄目、ラインが無くなると思い恐る恐るスプールに指をかけた数十秒後、ラインに生命感が無くなった。
2本のフックは完全に伸ばされていた・・・
いったいあの魚の正体はなに???
あの流れの中をあれだけのスピードで泳げる魚は思いあたらない。
桜鱒?外来魚?優に70cm以上のプレデターには間違いない。
その後釣れた60cmのなまずが小さく見えた。
[ 記事編集/削除 ]

【No.124】 ◆はじめ沈黙、後半ポツポツ 投稿者 TFC 投稿日時 13/05/07(火) 15:32


file0124.jpg
300×225 => 200×150 56KB
GWは仕事でした。
多くの人はいろいろなところへ出かけたのかなぁ。
気晴らしに近所へなまず釣りに。
スレているのかノイジーにはまったくの無反応。
一瞬居ないのかと思った。
あれなんですね、あのパターン。
一時期入れ食い。
ワンノッカーのペンシルに反応がすこぶる良い。
と言うかこれだけに出る。
この釣りもう少し検証して見たい。
[ 記事編集/削除 ]

【No.123】 ◆こんなサイズでも釣れると嬉しい 投稿者 TFC 投稿日時 13/05/02(木) 10:12


file0123.jpg
300×225 => 200×150 57KB
最近よくお客様から「釣りに行かれないのですか?」と聞かれます。
まぁ、なぜか風が強かったり、寒かったりとあまり気が乗りません。
ふらっと、行ってポイントに行って見たはいいけど潮位の読み間違え。
たくさんのフッコサイズに遊んでもらいました。

季節は進んでいますね。
[ 記事編集/削除 ]

【No.122】 ◆怒 怒 怒  投稿者 TFC 投稿日時 13/04/26(金) 18:10


file0122.jpg
300×225 => 200×150 60KB
ちょっと釣りに行かなかったら
やつらは・・・
調子こいてるやがる。
不埒な悪行三昧↓
http://www.youtube.com/watch?v=itGVWl9XGXY
鳥まで襲ってやがる。
これは教育しに行かねば。
ビシバシと水面からアンダーまで。
これで暫らくはおとなしくしているでしょう。
しかし、鯰すげー。
[ 記事編集/削除 ]

【No.121】 ◆という訳で 投稿者 TFC 投稿日時 13/02/26(火) 19:46


file0121.jpg
300×225 => 200×150 53KB
前回の続きを確認するために再度京浜運河へ。
相変わらず水面直下ではバイトが出るが、時間が経つと治まってしまう。
そこで・・・デッドスティッキング。
早春や真夏の低活性時には効果がある。
そういえばNOBU.さんがさんざんシャッドラップでやっていたな。
元ネタはあの本からヒントを得たのかな?
この釣りは嫌な自分自身と向き合う忍耐強さがいる。
爆釣とはいかなかったけど、ポツポツと上に出ないフッコが取れた。
最後は極太マルタまで(笑)
釣りは奥が深い。
[ 記事編集/削除 ]

【No.120】 ◆京浜運河も開幕 投稿者 TFC 投稿日時 13/02/25(月) 19:49


file0120.jpg
300×225 => 200×150 42KB
めちゃくちゃ寒いんだけどとりあえず様子を見にいつもの京浜運河へ。
来た事を後悔するような凄い北風。
いつものように上から下へとレンジを探っていく。
風で出来た潮目のライン水面直下でバイトが多発。
フッコ中心だったけど、一時入れ食い。
楽しいねぇ、寒いけど幸せ。
バチパターンだけど、出ない魚が居る。
たぶんあれなんだろうけど・・・
手持ちのルアーがない。
それは次回で。
[ 記事編集/削除 ]


Upload BBS Ver1.0 with -resize.pl-
Presented By GamePlaza-HARUKA- Script Written By Toshi